toggle
2016-10-04

★トリートメント、コンディショナー、リンス。なにが違うのか★

竹内 孝仁

おはようございます。

 

代表の竹内です。

 

新しくホームページがリニューアルされました。

 

ブログ初投稿は羽原君にされてしましたが、気を落とさずに書いていきます笑

 

 

今日は「トリートメント、コンディショナー、リンスの違い」を書いていきます。

 

全部一緒じゃないの?という方の為にわかりやすくお話すると、

 

髪の毛ってめちゃくちゃ細いんですが、実はかなり複雑な構造になっております。

 

よく例えられるのがかっぱ巻きなんですが、

 

かっぱ巻きってきゅうりと、お米と、海苔がありますよね?

 

髪の毛にも似たように、芯となる部分と、お米のようになっている部分と、

 

海苔の役割をしてくれる部分があります。

 

海苔はキューティクルと言われるやつです。

 

聞いたことあるでしょ?笑

 

お米の部分がもともとは黒なんですが、そこが茶色になったら茶髪、

 

金になったら金髪だと思っていただいてOKです。

 

芯のきゅうりの場所がうねっていたらクセ毛、まっすぐなら直毛ですね★

 

トリートメントをするとお米の部分、髪の内部が保湿、修復されてきれいになります。

 

リンスをすると髪の表面、海苔の部分、キューティクルがきれいになります。

 

コンディショナーはメーカーによってさまざまだとは思うのですが、リンス、トリートメントが

 

半分半分だと思っていただいて結構だと思います。

 

じゃあ、髪の表面も内部もきれいにしてくれるコンディショナーが一石二鳥でいいと思われがちなんですが、

 

リンスは髪に吸着して、水で流すと流れていってしまいます笑

 

もちろん多少髪には残りますが、どれぐらい髪にいい影響を与えるかというと未知数です笑

 

なのでやっぱり1番良いのはトリートメントで髪の内部を補修。ということになりますね。

 

じゃあ、髪の表面をきれいにするには?トリートメントの後にさっとリンスをするの?

 

という質問を何度かされたことがあるのですが、そこではリンスをせずに、洗い流さないトリートメントをしましょう。

 

最近の洗い流さないトリートメントはドライヤーの熱に反応して、より効果を高めてくれるようになってます。

 

ミスト、クリーム、オイルなどタイプもさまざまですが、もちろん髪質やなりたい髪質によって

 

変えていただくのがベストです。が、オイルが合う方は本当に少ないので、

 

よく美容師さんと相談して使いましょう★

 

相談だけしたい方でもお店までお越しいただいて結構ですし、

 

LINE@で髪の毛の写真を送っていただいても構いませんので、

 

髪をきれいにしたい、本気でヘアケアしたいという方はぜひご利用ください★

 

おしまい♪

 

 

 

noix de coco(ノアドココ)  代表 竹内こうじ