toggle
2016-10-09

★男性カットのセミナー講師が伝える、絶対キマる正しいWAXのつけ方★

b006183735

おはようございます★

代表の竹内です★

今日のテーマは

「男性カットのセミナー講師が伝える、

絶対キマる正しいWAXのつけ方」

です笑

かなり大それたタイトルではありますが、進めていきます笑

ちなみに私竹内は男性のカットのセミナーを関西、北陸で何度かさせていただいてます。

それが偉い!とかではないですが、割と喜ばれています。

カットの話はさておき、大事なのは

「かっこよく外にお出かけできるかどうか」ですね。

そこで今日は僕が正しいWAXのつけ方をお伝えします。

つけ方は4段階に分かれます。

まずはつける前にはよく手に馴染ませてからなんですが、

1 サイドをつける

2 襟足付近をつける

3 襟足→つむじにかけてどんどん上に上がっていく

4 つむじ→前髪にかけて下りていく

この4段階です。

なぜこの4段階なのかを説明しましょう。

まずですが、美容師でない一般の方の間違っている認識なんですが、

WAXはたくさんつければ、より強力に立ちあがると思っているということです。

これは、間違いです。

WAXはつければつけるほど重たくなります。

そして、WAXは付け始めたところが1番多くついて、最後が1番付く量が少なくなります。

なので、1番ボリュームを抑えたいところからまずは付け始める。

よってまずは「サイド」から付け始めるんです。

これを逆に前髪からつけたりしますと、前髪にWAXがたくさんついてしまい、

すごく束になってしまって、おでこスケスケのセットになってしまいます。

大変危険です笑

正しい量を付けれたら、今度はガサガサと髪全体に馴染ませていきます。

毛先の方だけつまんで遊ばせたりするのはもっと後です。

ガサガサと全体に馴染ませたら、ジグザグに髪のボリュームを抑え、あるべき方向へ流していきます。

そしてバランスの調節。立体感の調節をして、最後に必要であれば毛先をつまんで

ハネさせたり、遊ばせたりします。

大丈夫でしょうか?笑

あとはWAX選びなんですが、ガサガサと髪に馴染ませれないウルトラハードみたいなタイプは

超ベリーショート、もしくは全部立ち上げたいという場合のみ使えます。

立体感のあるスタイルにしたい場合はできればミドルワックス、

ハードでもセットできるスキルがあればハードでも大丈夫ですが、難しいと思います。

ミドルワックスで形を決めて、ハードスプレーでキープ。

これが理想だと思います。

あとはマニアックなところなんですが、同じWAXでも手に馴染ませる際に

10回ほど混ぜてからつけるのと、50回ほど混ぜてからつけるのでは

全然別のWAXになりますので。

混ぜれば混ぜるほどセット力は上がり、ツヤはなくなります。

あまり混ぜずに行けば、セット力は弱く、ツヤはでます。

とまぁこれまでWAXの話をひたすらしてきましたが、わからなければお店まで来てください笑

必ずやかっこよくさせていただきます★

おしまい♪

ちなみにミドルワックス、ハードスプレーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

b006183735

noix de coco (ノアドココ) 代表 竹内こうじ