toggle
2016-10-10

★ホイルカラーってなんぞや?の巻★

b009217771

おはようございます★

代表の竹内です。

今日は「ホイルカラー」について書いていきたいと思います。

ホイルカラーなんですが、とにかく今が旬です!

今は秋に入ろうとしているところ、もしくはもう秋といった感じなんですが、私竹内がおすすめする季節は

春と秋です★

なぜか?

1番色の明るさの変化がある時期だからです。

一般的になんですが、春から夏にかけては明るくなり、夏から秋は暗くします。

そして秋から冬はさらに暗くなり、冬から春は明るくなります。

もちろん1番明るいのは夏で1番暗いのは冬なんですが、1番明るさの差が生じるのは春と秋なんです。

ではなぜその明るさの差が生じる季節がおすすめなのかといいますと、例をあげていきます。

冬色から春色に染める時に明るくするとおもうのですが、髪の毛はいきなり明るくしたり、いきなり暗くすると

ダメージが生じやすくなります。

そして、夏にさらに明るくするのを踏まえ、「今より明るくしたいけど、まだそこまで明るい色にしたいわけではない」

という状態になります。

そこでおすすめなのが、全体はほどよく明るく、ホイルカラーでほどよく全体より明るい色を混ぜて仕上げる。

ということなんですね。

b009217771

これがハイライト(全体よりも明るい色)がところどころに入っている状態です。

これをすることにより、全体の色もよりその色がもつ良さ・特徴を発揮することできます★

ハイライト・メッシュと聞くと一箇所だけ金色にさせられるイメージが強いみたいですが、最近はあまりオーダーもされなくなりました笑

この明るい部分の量、太さ、明るさなんかも自由に決めれます。

例えば量を多くすれば馴染みますし、少なければアクセントになります。

太さは細ければ紛れますし、太ければインパクトがあります。

明るさの差があれば目立ちますし、少なければ馴染みます。

というような感じで入れ方は自由です★

しかもホイルカラーのいいところは、1回すればそう簡単にはなくならないということです。

前回ホイルカラーをして、今回染めたらなくなるのか?

いいえ、なくなりません。次は前回したホイルを活かして染めることができます。

逆に、無くしたい!という時はなくすこともできます。

今の時代、薬局で買ってきて染めようと思えば(ダメージとかムラとか気にしなければ)なんぼでも染めれる

時代になったわけなんですが、やっぱりちょっと他の方よりも可愛く見られたい、さりげなくおしゃれにみられたい、

髪をきれいに見せたいという場合でしたらホイルカラーは絶対おすすめです★

気になるかたはまたぜひいつでもお声かけください。

おしまい♪

noix de coco (ノアドココ) 代表 竹内こうじ