toggle
2016-10-17

★薬局の白髪染めと美容室の白髪染めの違いについて★

おはようございます★

 

代表の竹内です★

 

今日は「薬局の白髪染めと美容室の白髪染めの違い」について書いていきたいと思います。

 

なんとなく知っている方もいらっしゃるかとは思うのですが、

 

薬局の白髪染めと美容室の白髪染めって違いますよね。

 

ざっくりというと3点違いがあるのですが、

 

・ダメージ

 

・染まりムラ

 

・頭皮に与える負担

 

この3つが主に違うと思います。

 

薬局の白染めのいい点ももちろんあります。

 

・お値段が安い

 

・美容室に行かなくてもできる

 

といったところでしょうか。

 

いい点、悪い点、両方理解した上で選んいただけるようになれば1番の理想かと思いますが、

 

僕は言うまでもなく美容室派です笑

 

そこは申し訳ございません笑

 

ではなぜそうなのか?を書いていきたい思います。

 

まず、ダメージなんですが、美容室のお薬の方が少ないと言われています。

 

でもまぁ、次回美容室でいいトリートメントをすれば大丈夫という考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かにそうかもしれませんね。

 

次に、自分でするとムラになる。ということなんですが、

 

でもまぁ次回美容室で全体染めたらきれいに治るという考えの方がいらっしゃるかもしれません。

 

これも確かにそうかもしれません。

 

最後に、頭皮に与える負担。なんですが、

 

ここが1番のポイントで、これは美容室でも対処しようがありません!!!!

 

僕が1番ご自身でしてほしくない理由はここにあります。

 

髪が細くなった。髪がうねりだした、髪が抜け出した。。。

 

と言った状態を完全に解消できる美容師は今のところいないと思いますし、

 

そのような機械やお薬は今のところ僕は知りません。

 

予防するものはあったり、効果が表れるかもしれない。といった不確定なものはあるかもしれませんが、

 

頭皮のダメージは治せないということです。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、ご自身で染める際は、ギリギリ地肌に付かないようにしていただきたいのですが、

 

みなさま気にされるのは根元の白髪ですよね。

 

結構難しいと思います。

 

なので薬局のお薬に比べて少し高かったり、お店まで行くのが面倒かもしれませんが、

 

ぜひお店で染めさせていただきたいと思っています。

 

ちなみになんでそんなに違うのか?というところなんですが、薬局のお薬で地肌を塗ります。

 

その後シャンプーなどで洗い流すとは思うのですが、完全には落ちきらないようになっているんです。

 

それは念入りに2回、3回洗っても取れることはありません。

 

ちゃんと専用の落とすお薬があるからです。

 

ノアドココではもちろん全員のお客様にカラーのあとにさせていただいてます。

 

それは染まりに影響するわけではなく、頭皮を守るためのお薬です。

 

とまぁいろいろ書いてきたのですが、

 

5年後、10年後に後悔だけはしたくないというのが本音です。

 

美容師として関わらせていただく以上、

 

「あなたみたいな美容師と出会えてよかったわ」

 

と言っていただけるような仕事をしていきたいと思います。

 

なんか最後アツい感じでしたが、以上です笑

 

おしまい♪