toggle
2016-10-22

★縮毛矯正はどのタイミングでするのが理想なのかについて★

b009217771

おはようございます★

 

代表の竹内です★

 

今日は「縮毛矯正の理想のタイミング」について書いていこうと思います。

 

 

ノアドココなんですが、ホット系のパーマ。デジタルパーマや縮毛矯正をされる方が非常に多いです。

 

というのもやっぱりホット系のパーマは難しい。。。

 

難しいということは傷む可能性も非常に高いということです。

 

そこにこだわりを持って取り組んでいるからこそ、またリピートしてくださる方が多いのだと

 

勝手ながら思っています笑

 

それでたまに初めてお越しいただくお客様によく言われるのが

 

「本当に縮毛矯正3ヶ月~4ヶ月ほどでしたいんですが、ダメージも気になるから半年に1回にしてます」

 

というフレーズ。

 

確かに、縮毛矯正、傷みやすい技術です。

 

弱すぎるとクセが伸びませんし、強すぎるとダメージになるかなり繊細な技術が必要になります。

 

がここで言いたいのは

 

「1度縮毛矯正をかけたところは日が経っても、うねったりはしてこない」

 

ということです。

 

日が経つごとにうねりが出てくるということは「甘かった」ということです。

 

パーマなどは日が経つごとにとれてくるのが普通なんですが、

 

縮毛矯正に関しましては日が経ってもクセは出てこないんです。

 

なので「どのこらい持ちますか?」という質問は

 

「根元どれぐらいまで自分の地毛が伸びても我慢できますか?」ということになったりします。

 

日にちが経っても縮毛矯正したところはクセが戻ったりすることありませんので、

 

縮毛矯正の3ヵ月後に「また縮毛矯正をしたい!」となった場合、

 

1度したところにはお薬を塗ったりしません。

 

なぜなら、もうすでにまっすぐだからです★

 

すでにまっすぐなのに、なぜまたお薬をつけるのか?

 

ダメージにつながるだけになってしまいます。

 

ノアドココでは1度縮毛矯正したところにつける専用のトリートメントが存在します。

 

なので、根元はクセが伸びて、毛先はつるつるになります。

 

となると、縮毛矯正すればするほど髪はきれいになります。

 

となるので、縮毛矯正すればするほど傷む。というのは違うわけです。

 

ここの差はとても大きいですね★

 

人により半年に1度、4ヶ月に1度、3ヶ月に1度、前髪だけは3ヶ月に1度。

 

みたいにさまざまではあるのですが、ダメージを気にして先延ばしにする。ということは

 

もう必要ありません★

 

正しい知識で、扱いやすい、きれいな髪の毛にしていきましょう!

 

おしまい♪