toggle
2016-11-03

★小は大を兼ねる。という話★

おはようございます★

 

代表の竹内です★

 

今日は「小は大を兼ねる」という内容を書いていこうと思います。

 

よく「大は小を兼ねる」と聞くと思うのですが、今日はその反対です。

 

一体、なんの話かと言いますと、「コテ」のサイズの話です。

 

コテに関しましては「小は大を兼ねる」なんです。

 

どういうことかと言いますと、いいぐらいのサイズのコテを1本持っておけば

 

それなりのことは対応できるようになります。

 

例えば僕が1番よく使う32ミリのコテなんですが、

 

もちろんしっかり巻けば32ミリのカールが付くのですが、

 

さささっと巻けばしっかりとはカールがつかず、ゆる~いカールがつきます。

 

これによって太いコテを持っていなくてもゆるく巻くことはできるんです。

 

ただ、あまりにも細いコテは巻きにくいと思いますので

 

30ミリ~32ミリぐらいがおすすめかな~とは思います。

 

なるほど・・・竹内はそうやってゆるふわなスタイルを巻いて作っているわけだな?

 

と思った方。当たってはいるのですが、ちょっと違います笑

 

どういうこと!?となっている方もいらっしゃるかと思いますが、

 

僕はゆるふわなスタイルを巻いて作るときは、

 

「しっかり巻いて、しっかりほぐす」をモットーにしています。

 

そっちの方が時間が経ってもカールが落ちにくいというデータもあるからです。

 

ですが、ほぐす。とまで行かない顔周りだけゆる~く巻きたい。

 

という時はしっかり巻いて、ほぐす。でなく、さささっと巻けばいけるんですよ★

 

というお話でした。

 

コテは温度もありますし、温度が低ければカールもゆるくなるわけで、

 

なりたいスタイルや、髪のダメージ、自分のコテの巻く速さなども考慮して

 

巻いていきましょう★

 

おしまい♪