toggle
2016-11-15

★カラー後の乳化と呼ばれる技術★

yjimage

おはようございます★

 

代表の竹内です★

 

今日は「乳化」について書いていきたいと思います。

 

乳化という作業名?なんでしょうか?美容の技術の1つなんですが、

 

結構軽視されがちなんですが、ノアドココではかなり重視してます笑

 

お客様に見えない部分であって、見えない価値かもしれませんが、

 

やらなければいけない技術の1つです。

 

一体どんなものなのかご紹介していきましょう。

 

お客様の髪をカラーさせていただく場合、

 

地肌を塗らない時もありますが、大体のカラーでは地肌から染めていきます。

 

特に白髪染めなんかは根元、生え際が気になるわけですから

 

根元が染まってなければ、なんの為に美容室に来てカラーをしたのか

 

わからなくなってしまいます。

 

そしてプロとしてお客様の要望にお応えし、希望の色にさせていただいたり、

 

お客様に似合う色をご提案させていただいて、希望以上の色にさせていただいたり

 

するわけなんですが、

 

塗りました→染まりました→シャンプー

 

という流れが普通だと思うのですが、

 

シャンプーの前に必要なのが”乳化”です。

 

カラーの成分をしっかり除去できるお薬を使って、

 

頭皮と髪に擦り込んでいきます。

 

こうしないと、カラー剤は落ちているのに、細かい成分は

 

残ったままになってしまいます。

 

これはいくらシャンプーをしても落ちません。

 

・・・ということはこの”乳化”をしなければ、シャンプーしっかりしても

 

カラー剤が塗られたままの状態と同じということになります。

 

それは頭皮にとってかなり悪影響です。

 

これをしないとみるみる頭皮は弱くなってしまい

 

・頭皮の乾燥

 

・髪が細くなる

 

・髪が抜けやすくなる

 

といった頭皮トラブルの原因になります。

 

当たり前の話ですが、薬局で売られているカラー剤には

 

こんな”乳化”に使うお薬なんて入ってません。

 

”めんどくさい”と思う人も多いでしょうし。。

 

だがしかし!美容師として、今日の色さえよければいいのか?

 

長くお付き合いしていきたい大事なお客様の髪が

 

どんどん細くなっていくのを見るのはイヤです。

 

しかも原因がお店側にあったとすれば最低最悪だと思います。

 

なので、必ず乳化はします。

 

特にお店のメニューとしてお金を頂いて・・・

 

とかではなく、カラーをさせていただく以上、そこまで責任持って

 

しなければいけないと僕は思います。

 

ということで、5年後、10年後も

 

きれいでいていただきたいですし、

 

”ここの美容室を見つけれてよかったわ”と言っていただけるような

 

仕事をしていきたいと思います★

 

という乳化の必要性を書いたブログでした。

 

おしまい♪